小山田記念温泉病院




小山田記念温泉病院

CPAP療法

こんな症状ありませんか?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは

睡眠中に大きないびきをかき、いびきが突然止まった時に呼吸が停止、数秒後再び呼吸が始まると大きないびきをかくという症状を何度も繰り返す、そんな症状がある場合は睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)が疑われます。


睡眠時正常


睡眠時無呼吸症候群


代表的な症状
・激しいいびき
・日中の眠気
・熟睡感がない
・夜間頻尿 ・肥満 …など
この疾患はほかにも高血圧、不整脈、心不全、脳血管疾患、糖尿病などの合併症を引き起こし、
重度の場合には適切な治療をしないと死亡リスクが高まるという研究結果が報告されています。

検査について

〇簡易検査(簡易PSG 検査)
携帯用の睡眠時無呼吸検査装置を自宅に持ち帰り検査を行います。
〇精密検査(PSG:ポリソムノグラフィー)
簡易検査の結果により、必要な方には入院して検査を行います(主体会病院にて実施します)。脳波、筋電図、心電図などたくさんの生体信号を測定しますが、全く痛みを伴いません。


簡易検査

治療について(CPAP療法)

睡眠中におきてしまう気道の閉塞を有効かつ安全に改善するためにSASの最も基本的な治療として、
CPAP(マスク式持続陽圧呼吸療法)療法があります。
CPAP療法は鼻マスクをつけ、鼻から気道に空気を送る小型の機械を枕元においてそこから空気を送り込み圧を加えることで、ペチャンコになった気道を開放してあげます。


睡眠時無呼吸症候群


CPAP療法




主体会病院・小山田記念温泉病院で治療可能です。
気になる方、お困りの方は当院内科外来にご相談ください!


睡眠時無呼吸症候群診断からCPAP 導入までの流れ


ESSテスト(眠気の自己チェック)

ESSテストは問診により簡単に昼間の眠気を評価できるものです。
画像をクリックして、自己診断してみてください。


医療法人社団主体会
小山田記念温泉病院
三重県四日市市山田町5538-1
Tel 059-328-1260